2014.10.09

ローマの元伊代表FWボリエッロ、ニューヨーク・シティに移籍か

ボリエッロ
MLS移籍の可能性を報じられたローマのボリエッロ [写真]=Getty Images

 ローマの元イタリア代表FWマルコ・ボリエッロが、2015年からメジャーリーグ・サッカー(MLS)に参加するニューヨーク・シティFCに移籍する可能性があることがわかった。アメリカメディア『IBTimes』が8日に報じている。

 報道によると、元スペイン代表FWダビド・ビジャと元イングランド代表MFフランク・ランパードが開幕前に加わる予定となっているニューヨーク・シティが、ボッリエッロの加入を欲している模様。来年1月の移籍市場での獲得か、ローマとの契約が切れる来年6月30日以降に獲得に動くことが予想されている。

 ボリエッロは1982年生まれの32歳。ミランの下部組織出身で、トップチーム昇格後はレンタル移籍を繰り返した。2007-2008シーズンにジェノア、2008-2009シーズンにミランで得点を重ねた後、2010年夏にローマへレンタル移籍。翌年に完全移籍加入が決まったが、以降もユヴェントスやローマ、ウェストハムへレンタル移籍で加入した。ローマに復帰した今シーズンは公式戦の出場機会を得ていない。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
サッスオーロ
10pt
SPAL
9pt
欧州順位をもっと見る