FOLLOW US

バルデラマ氏、母国代表の新主将にファルカオを推奨「向いている」

元コロンビア代表のカルロス・バルデラマ氏 [写真]=Getty Images

 現役時代にコロンビア代表選手として活躍したカルロス・バルデラマ氏が、同代表の新たなキャプテンにマンチェスター・U所属のFWラダメル・ファルカオを推奨していると、コロンビアの全国紙『El Tiempo』が報じた。

 コロンビアのラジオ局『ラジオ・アレグレ・デ・バランキージャ』が放送するスポーツ番組に出演したバルデラマ氏は、代表の新キャプテンに関する話題になった際に躊躇せずファルカオの名を挙げた。

「もしもマリオ・ジェペスが代表を引退した場合は、キャプテンマークを引き継ぐべき選手はファルカオだろうね。テオ(FWテオフィロ・グティエレス)がキャプテンになっても問題ないとは思うが、ファルカオのほうがより向いているだろう」

 一方、バルデラマが自身の後継者と公言しているレアル・マドリード所属のMFハメス・ロドリゲスについては、早々に代表のキャプテンになる必要はないとの見解も示している。

「ハメスも代表でキャプテンに適している選手ではあるが、今はプレッシャーを背負わない立場で自由にプレーするのがいいと思う」

 最後にバルデラマ氏は、コロンビア国内リーグで最も高く評価している選手としてオンセ・カルダスのホアン・アランゴを挙げた。2009年にデビューした23歳のストライカーで、今シーズンのリーガ・ポストボン2(コロンビア1部 後期)では得点ランキングの上位に付けている。今のところホアン・アランゴはコロンビア国内でしかプレーしていないが、バルデラマ氏は「将来は欧州でも活躍できると思う」と太鼓判を押した。

(記事/Cartao Amarelo)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA