2014.09.20

エメルソンがまたお騒がせ。今度はテレビカメラに向かいCBF批判

エメルソン
9月17日(水)、リオデジャネイロ、マラカナンスタジアム。ブラジレイラォンでのボタフォーゴ対バイーア戦にて吠えるエメルソン [写真]=Getty Images

 かつてJリーグで活躍し、現在も36歳と高齢ながらエース・ストライカーとして活躍中のエメルソン・シェイキが(9月)17日、またしてもお騒がせ行為を行なった。

 エメルソンと言えば、Jリーグ所属時(2000~05年)に得点王にも輝いたこともあり、日本のサッカー・ファンにもおなじみの存在だが、ブラジルでも息の長いサッカー選手として知られ、34歳の2012年にはコリンチャンスのエースとして同チームの南米一、世界一にも貢献したことで人気もある。

 だが、2006年に二つの異なる出生届を出していたことが発覚し(これで年齢がこれまで知られていたものから3歳上がった)、ブラジルで偽証罪で逮捕された。

 また、カタール・リーグに所属した2008年には同国の代表として試合に出場したものの、「彼は過去にブラジルのU20(20歳以下)の代表になったことがあり、代表入りは無効だ」とブラジルから抗議があり、それを知ったカタール国民から批難を浴びる始末となった。

 10年にブラジルでプレーしはじめてからは、エメルソンを巡る問題は比較的収まっていたが、13年8月には、ブラジル国内で同性愛差別が問題となっている際に、同性愛支持の立場を示そうと、友人の男性とキスをする写真をネットにあげて物議を醸した。

 エメルソンは今年からリオの名門ボタフォゴに移籍し、そこでも全国選手権でチーム・トップの6点をあげる活躍をしている。

 だが17日、マラカナン・スタジアムでの全国選手権対バイーア戦で、エメルソンはまたしても問題児となってしまった。この試合のエメルソンは前半に2得点をあげ、大活躍していたが、後半14分、この日2枚目のイエロー・カードをもらい、累積により退場となってしまった。2枚目のカードは、審判の微妙な判定に抗議したことが理由だった。

 この退場を不服とし、「審判のレベルがなってない」と怒ったエメルソンは、グラウンドからの去り際に、試合を中継していたテレビカメラに顔を近づけ、画面中が彼の顔になった状態で「やいCBF(ブラジル・サッカー連盟)、おまえらは恥さらしだ」と叫んだ。この言葉はその夜、ブラジルのネット上でちょっとした流行語となった。

 この行為により、エメルソンはスポーツ高等裁判所からなんらかの処分を受けることになりそうだ。だが、ネット上の一部では、汚職体質などもあり国内のサッカー・ファンの敵役にもなりがちなCBFに対して「よくぞ本当のことを言ってくれた」としてエメルソンに好感を示す声もあがっている(18日付グローボ局サイトより)。

(記事提供/ニッケイ新聞、記事協力/MEGA BRASIL)

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
24pt
マンチェスター・C
16pt
アーセナル
15pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
16pt
ヴォルフスブルク
15pt
バイエルン
14pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
18pt
バルセロナ
16pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
19pt
インテル
18pt
アタランタ
16pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング