2014.09.18

マルメDFコナテが怒り「リヒトシュタイナーは僕の大事な所を殴った」

パ・コナテ,ステファン・リヒトシュタイナー
試合中にリヒトシュタイナー(右)に股間を殴られたと主張するコナテ(左) [写真]=Getty Images Sport

 マルメ所属のスウェーデン人DFパ・コナテが、ユヴェントスとのチャンピオンズリーグ・グループステージ第1節を終えて、対峙したユヴェントスのスイス代表DFステファン・リヒトシュタイナーに殴られたことを主張している。17日付のイタリア紙『トゥットスポルト』ら各紙が、スウェーデン紙『アフトンブラーデット』のインタビューに応えた同選手のコメントを伝えた。


 アウェー、トリノのユヴェントス・スタジアムで行われた同試合で、コナテは先発フル出場していた。そして問題の場面は54分、同選手はリヒトシュタイナーと接触し両者とも転倒。この際に、コナテはリヒトシュタイナーに殴られたと主張している。確かに映像には意図してなのかは不明なものの、リヒトシュタイナーの拳がコナテの局部を直撃する瞬間が捉えられていた。

 怒りが収まらないコナテは「写真がすべてを物語っている。僕は地面に倒れていたんだ。そして彼は足の間を、僕の大事な所を強く殴ったんだ。辱められた。狂っているよ。僕は彼に自分が何をしたか聞いたんだ。そうしたら彼は黙ってじっと僕を見ているだけだった」とリヒトシュタイナーを批判した。

 両チームは11月にマルメのホームで再び対戦するが、リヒトシュタイナーに復讐するかと問われると同選手は「しないよ、それは僕のスタイルじゃない。でも彼の卑劣な行為にはイライラさせられた。もしかしたら誰かが彼にボールをぶつけるかもしれないけどね」と冗談まじりに否定している。

 最後にユニフォーム交換について問われると「(セバスティアン・)ジョヴィンコと交換したんだ。彼はすごくいい人だったよ。(リヒトシュタイナーとは)絶対に交換しないよ」とジョヴィンコと交換したことを明かした。

 また自身のツイッター上で問題の場面を収めた写真をつぶやいていたコナテだが、現在はそのつぶやきを削除し「試合の結果は残念だったが、すごい経験だったよ、神様。チャンピオンズリーグは全く違うレベルの戦いだった」と初挑戦となったチャンピオンズリーグを語っている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
46pt
レスター
38pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング