FOLLOW US

オーウェン氏が悲願達成…所有馬がG1初制覇「なんて馬なんだ」

元イングランド代表FWのマイケル・オーウェン氏(右)[写真]=Getty Images

 14日、アイルランドのカラ競馬場でアイリッシュセントレジャー(G1競走)が開催され、元イングランド代表FWのマイケル・オーウェン氏が所有するブラウンパンサーが初のG1制覇を達成した。イギリスメディア『BBC』が報じている。

 リチャード・キングスコート騎手が騎乗したブラウンパンサーは、昨年のセントレジャーステークスを制し、1番人気のリーディングライトに6馬身以上の差をつけ圧勝。“ワンダーボーイ”が悲願のG1初勝利を手にした。

 オーウェン氏は17歳でリヴァプールからプロデビューすると、“ワンダーボーイ”の愛称で親しまれ、その後はレアル・マドリードやマンチェスター・Uなどでプレーし、2013年に現役を引退。現役時代からオーウェン氏の競馬好きは有名で、レース後に自身のツイッターで「私がどれだけ彼(ブラウンパンサー)を愛しているか、表現することができない。なんて馬なんだ。一週間はお祝いだ」と喜びを綴っている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO