2014.09.10

移籍市場と景気の関係とは? 景気が上向くと移籍市場も活発に!?

ディ・マリア
今夏、100億を超える移籍金でレアル・マドリードからマンチェスター・Uに移籍したディ・マリア [写真]=Man Utd via Getty Images

■サッカーの移籍市場とは

 ブラジル・ワールドカップも終わり、サッカー関連で次の盛り上がりをみせるのがサッカーの移籍市場です。欧州では年2回、シーズン終了後から翌シーズン開幕までの期間とシーズン中盤の移籍期間があり、一般にこれを移籍市場と呼んでいます。そして、ここで移籍が決まった選手の新しい移籍先のサッカークラブが、元のサッカークラブに支払うお金のことを移籍金と呼んでいます。そして、この移籍市場は景気と何らかの関係があると言われています。実際、2008年に起きたリーマンショック以後、欧州のサッカークラブの財政は悪化し、移籍市場も縮小したという事実があります。では、移籍市場と景気はどのようにして繋がっているのでしょうか。

■サッカークラブの収入源

 サッカーをスポーツとして見ている人からしますと、それほど実感がわかないかもしれませんが、サッカーもれっきとしたビジネスです。サッカークラブの収入は、大きく分けて以下の3つに分類されると言われています。
<1>入場料収入(観客入場料、試合ボーナス、勝利ボーナス等)。
<2>放映権収入(テレビ放映権料、画像配信分配金等)。
<3>商業収入(スポンサー契約料、グッズ販売売上等)。
 そして、これらの収入の割合はサッカークラブによってまちまちです。

■景気変動がサッカークラブの収入に与える影響

 次に景気変動がどのようにサッカークラブの収入に影響を与えるのか見てみましょう。景気が良い場合を例に挙げてみます。景気が良い場合には、消費者の財布の紐が緩くなりますので、サッカーファンであれば試合をテレビではなく、直接見に行こうとします。スタジアムでサッカーを見る場合には、多くの人が自分の応援するサッカーチームのユニフォームや旗などのグッズを買い、持って行くことになります。

 そして、消費者同様、企業も懐が潤ってくると広告費に余裕が出てくるので、スポンサー契約料も増えてきます。また、テレビ放映権料につきましては、特に欧州ではサッカーの放映権が入札方式に変更されたことによって、景気の良い時には放映権獲得競争が激化し、値上がりしやすいようです。このように、景気が良い場合には3つ全ての収入が上昇しやすくなります。そして、景気が悪い場合には反対に作用しますから、全ての収入が下落しやすくなります。

■サッカークラブの収入と移籍金の関係

 最後にサッカークラブの収入と移籍金の関係を見てみましょう。欧州各クラブの財政健全化を目指し、2011年6月にファイナンシャルフェアプレー(FFP)が導入され、赤字経営が禁止となったことによって、サッカークラブの収入と移籍金の関係がより明確になりました。それにより、収入と支出の関係を次の公式で表すことができると思います。

収入(入場料+放映権+商業+移籍金)> 支出(移籍金+選手の年俸)

 この式からお分かり頂けますように、選手の年俸を固定した場合、支払える移籍金を増やすには、上記で挙げた3つの収入を増やすか、選手を放出するか、放出する選手の移籍金を増やすか、その全てです。景気の良い時に3つの収入が上昇しやすいのは上記で説明した通りです。そして、移籍金も必ずしもではないですが、景気の良い方が上昇しやすい傾向があると思われます。それは、景気上昇に伴い3つの収入が増えることにより、支払える移籍金額も多くなり、それによって優良選手獲得争いが激しくなり、商業価値以上の値段がつきやすくなる傾向があるからです。

 こうして見てみますと、景気が上向く時には、3つの収入と貰える移籍金に上昇傾向があり、それにより支払える移籍金も増え移籍市場が盛り上がりを見せるのだと思います。逆に、景気が悪くなりますと、3つの収入が落ちてきますので、選手を獲得するために支払われる移籍金にも限りがでます。こうした理由から、移籍市場も縮小していくのだと思います。

■景気の影響を受けにくいサッカー経営

 プロサッカーはもちろんスポーツですが、ビジネスでもあります。そして、上記で見てきましたように景気の影響を受け、それにより移籍市場も拡大したり縮小したりします。では、こうした景気の影響を軽減するためには、どのようなサッカー経営をすれば良いのでしょうか。それには4つの収入口の収益力を高めることしかないと思います。そのためには、地元のファン、そして自国のファンを増やすことによって、入場料収入やグッズ販売収入を安定させる。海外のファンを増やすことによって、放映権収入を安定させる。スポンサーの数を増やし、安定したスポンサー収入を目指す。選手の育成を行い、優れた人材を輩出することで高い移籍金を獲得する。そして、これら4つ収入口の1つに偏ることなく均等に維持することだと思います。そういった意味で、サッカー経営においても分散が重要だということだと思います。

(記事/ZUU Online)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
バイエルン
3pt
シャルケ
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る