2014.09.10

アッガー、ポケットマネーでホームレスW杯出場の母国代表を支援

ダニエル・アッガー
ホームレス・ワールドカップに出場する母国デンマーク代表を支援するアッガー [写真]=Liverpool FC via Getty Images

 昨シーズンまでリヴァプールでプレーし、現在はデンマークのブレンビーに所属するデンマーク代表DFダニエル・アッガーが、10月にチリで開催されるホームレス・ワールドカップに出場するデンマーク代表に寄付を申し出たことが明らかになった。9日付のイギリス紙『ミラー』が報じている。

 デンマーク代表の8名には、チリの首都サンティアゴに向かうための旅費約2万クローネ(約37万円)が足りなかった。チームのピンチにアッガーは、彼らの旅費を自費で賄うことを申し出た。慈善活動家のフリッツ・アルストレーム氏はデンマークの放送局『TV2』のインタビューに応え「アッガーと話して、『(チリへ)向かうにはあと2万クローネが足りない』と相談したんだ。そうしたら彼は何の躊躇いなしに『僕がそれを払うよ』と言ってくれたんだ。気品に勝るものはないけど、ダニエルはフィールドの外でもそれを備えている。プレーにも人格にもね」と支援を申し出てくれたアッガーが、人格者であることを語った。

 2003年から毎年開催されているホームレス・ワールドカップは、大会前年にホームレスをしていた16歳以上の選手で争われ、GK1人、フィールドプレイヤー3人の4人制で行われる。前回優勝国はブラジルで、これまでイタリア、スコットランド、ブラジルが最多2回の優勝を経験している。2010年からは男子の大会に続き、女子の大会も開かれ、前回大会はメキシコが2連覇を果たした。

 8月12日にはパリSG所属のスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチが、同月ブラジルで開催された知的障害者のワールドカップ「INAS-FID世界選手権」に出場したスウェーデン代表を支援したことが話題になっていたが、アッガーはそれに続くこととなった。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング