2014.08.28

カメルーン代表FWエトオが代表引退を表明…国際Aマッチ56得点の活躍

ミュエル・エトー
カメルーン代表引退を表明したFWサミュエル・エトー [写真]=VI-Images via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 エヴァートン所属のカメルーン代表FWサミュエル・エトオが27日、自身のツイッターを更新し、同国代表の引退を表明した。

 エトオは「私は代表でのキャリアを終わらせる。すべてのアフリカ人に、そしてすべての僕のファンに、無条件のサポートをしてくれたことを感謝したい」と代表引退を明かし、感謝の言葉を綴った。

 エトオは1981年生まれの33歳。1997年にレアル・マドリードに入団し、その後はバルセロナやインテルなどでプレーした。契約満了でチェルシーを退団した今夏、エヴァートンとの2年契約を締結している。

 15歳でA代表デビューを飾ったエトオは、1998年のフランス・ワールドカップにカメルーン代表史上最年少の17歳3カ月で出場を果たす。これまで国際Aマッチ118試合に出場し、56得点を記録。2000年のシドニーオリンピック優勝や、アフリカネーションズカップでの連覇を達成している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
31pt
マンチェスター・U
23pt
トッテナム
23pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
26pt
ライプツィヒ
22pt
ドルトムント
20pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
バレンシア
27pt
レアル・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
32pt
ユヴェントス
31pt
インテル
30pt
欧州順位をもっと見る