2014.08.21

W杯決勝に参加したジゼル・ブンチェンが12年連続世界でもっとも稼ぐモデルに

プジョル
7月13日、リオデジャネイロ、マラカナン。ワールドカップブラジル大会最終日、ジゼル・ブンチェン(右)はカルレス・プジョル(左)と共にトロフィーのエスコート役をつとめた [写真]=Getty Images

「フォーブス」誌が毎年発表する高額所得モデルランキング2014年版で、ブラジル人トップモデルのジゼル・ブンチェンが12年連続1位に輝いたと、現地メディア(「マリクレール」ブラジル版電子版、8月18日づけ)が報じている。

 2002年以降、年間で最高売上額を生み出すモデルとして、トップの座に君臨してきたジゼル。34歳という若さで、この1年に約4,700万USドル(約47億9400万円)を稼いだという(※1USドル=102円で換算)。

H&M、シャネル、キャロライナ・ヘレラといったブランドとの高額な契約、メリッサやイパネマなどのサンダルメーカー「グレンデーニ (Grendene) 」とのコラボがもたらした結果や、パンテーンやオーラルBの広告塔を務めていること、彼女自身のランジェリーブランド「ジゼル・ブンチェン・インティメイツ (Gisele Bündchen Intimates) 」の収益によるところも大きいようだ。

 ジゼルの稼ぎっぷりは、彼女の夫であるアメリカンフットボール選手トム・ブレイディの1年間の収入よりを1,600万USドル (約16億3200万円)も上回ったというのだから驚きだ。

 ちなみに、2位にはヴィクトリアズ・シークレット・エンジェルズのオランダ人モデル、ドウツェン・クロースと、ブラジルモデルのアドリアナ・リマが、共に約800万USドル(約8億2千万円)の所得で並んだ。

 2013年に3位だったアドリアナは、スペインのストリートウェアブランド「デシグアル (Desigual) 」のブランドアンバサダーを努めるほか、メイベリンやVeetといった美容ブランドとの契約によって、昨年より200万USドルほど所得が増えたという。

 また、ブラジル人のアレッサンドラ・アンブローシオも、推定500万USドル(約51億円)でランクインを果たしている。

 それにしても、1位と2位の金額のひらきが凄い…。

 12年もの間、モデルとしての価値を落とさないジゼルの圧倒的な人気には、恐れ入るばかりだ。これからもまだまだ稼いでもらいたい。

(記事/MEGA BRASIL、文/柳田あや)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る