2014.08.18

マンU移籍が噂のアルゼンチン代表DFロホ、練習ボイコットを謝罪

練習を拒否したことについてチームに謝罪したロホ [写真]=FIFA via Getty Images

 スポルティング・リスボンに所属するアルゼンチン代表DFマルコス・ロホが、マンチェスター・Uへの移籍を実現させるためにチーム練習への参加を拒否したことに対して謝罪した。

 ロホは、自身に興味を抱いているマンチェスター・Uへの移籍を希望し、12日に行われたチーム練習への参加を拒否した。しかし、ロホはこの軽率な行為に対してチームに謝罪している。スポルティング・リスボンの公式テレビがロホのコメントを伝えた。

「全てが誤解だった。僕は焦っていたんだ。起きたことを謝りたい。プロらしくなかったと感じているよ」

「今は状況を改善しようとしている。それは明らかだ。クラブは、以前から僕に信頼を置いてくれ、ヨーロッパでプレーする機会を与えてくれた。スポルティングとここで働く人々に感謝するよ」

「僕はこのクラブがとても好きだ。クラブが僕のキャリアを決定するし、それが僕とクラブにとって最も良いことだと思う。このクラブで幸せだと強調したいね」

 アルゼンチン代表としてブラジル・ワールドカップに出場したロホは、決勝までの7試合中、出場停止による欠場を除く6試合に出場。同国代表の準優勝に大きく貢献した。

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る