2014.08.18

GFA Soriyaが国際大会開催…日本、シンガポール、カンボジアからチームが参加

Yamaha Challenge International Friendly Matchは8月22日から同24日までカンボジアで行われる

 カンボジアでサッカー事業を展開する「Global Football Soriya Co., Ltd.」(以下、GFA Soriya)は、カンボジアサッカー協会と戦略的パートナーシップに関する覚書を締結したことを発表した。

 この締結により、両団体は業務連携を通じてカンボジアサッカーの育成年代強化に取り組んでいくことを合わせて発表している。直近の取り組みとしては、2023プロジェクトへの強化施策としてカンボジアで育成年代では初となる国際大会をGFA Soriyaの企画主導のもと両団体がカンボジアで共同開催。第1回大会では日本、シンガポール、カンボジアの各国からチームが参加する。また、大会期間中は、各国の選手たちによる懇親の機会も予定。アジアの将来を担う子供たちの国際交流の場としても期待されている。

大会名:Yamaha Challenge International Friendly Match
大会期間:2014年8月22日~24日
大会会場:National Football Center

 GFA Soriyaの代表、斉藤泰一郎氏は次のようにコメントしている。

「本提携を通じ、GFA Soriyaではカンボジアサッカー協会とともにカンボジアの育成年代の強化サポートを目指すこととなりました。サッカーの普及とサッカーを通じたライフスキルの重要性を広めることをミッションのひとつとして現地で活動してきた弊社としては大変光栄に感じており、今後のカンボジアサッカーにとって大きな可能性に向けた一歩と考えております。またアジアサッカーの活性化は日本サッカーへの貢献につながるとも信じており、今後もサッカーを通じカンボジアによりたくさんの貢献をできるよう取り組んでまいりたいと思います」

 GFA Soriyaは、カンボジアで2012年からサッカー事業を展開。サッカースクール、成人向けフットサルクラス、サッカー普及活動、スポーツマーケティング、プロチーム運営、CSR活動などに取り組んでいる。Soriya(ソリヤ)という発音は現地クメール語で太陽の意味で、カンボジア全土にサッカーの普及とサッカーを通じた経済、コミュニティ、情操教育の活性化によるカンボジアへの貢献を目指して活動している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る