2014.08.12

メキシコ代表エレーラ監督、マンUエルナンデスにユーヴェ移籍を助言

エルナンデス
ブラジルW杯を共に戦ったエレーラ監督とエルナンデス(左) [写真]=Getty Images

 メキシコ代表を率いるミゲル・エレーラ監督が、マンチェスター・Uに所属にする同代表FWハビエル・エルナンデスの去就について、アメリカメディア『NBC』に語った。

 エレーラ監督は、エルナンデスをブラジル・ワールドカップのメンバーに選出。本大会では、スーパーサブとし4試合すべてに途中出場で起用していた。同選手は合計75分間の出場だったが1ゴールを決めている。

 同監督は、マンチェスター・Uでも出場機会の少ないエルナンデスに、チームを退団しユヴェントスへ移籍する事を勧めている。

「チチャリート(エルナンデスの愛称)は(マンチェスター・Uを)去るべきだと思う。ユヴェントスは彼にとって良い選択肢だと思うよ。最高の経験をして、チームと最高の瞬間を共有してきた。だが今の監督は彼をこれ以上必要としていない。次へと動き出す時だよ」

「多くのチャンスがあると思う。それは悪いものではない。もし彼がユヴェントスへ行けば、素晴らしいチームになるだろう。間違いなく、良い移籍になると思う。彼がもっと(プレーの)時間を得ることを願うよ」

 エルナンデスは2013-14シーズン、デイヴィッド・モイーズ前監督の下、プレミアリーグで24試合に出場し4ゴールに終わっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る