2014.08.08

J1首位の鳥栖、尹晶煥監督が突然の退任…韓国側は代表監督就任を否定

尹晶煥
鳥栖との契約が解除となった尹晶煥監督 [写真]=清原茂樹

 J1で首位に立つサガン鳥栖は8日、尹晶煥監督との契約を7日付けで解除したことを発表した。突然の退任となったが、韓国メディア『マネートゥデイ』は、大韓サッカー協会関係者のコメントを伝えた。

 韓国代表はホン・ミョンボ監督がブラジル・ワールドカップでの不振により、同職を辞任。現在後任を探しており、過去にオランダ代表などを率いた経験のあるベルト・ファン・マルワイク氏の名前が挙がっているが、まだ決定していない。

 協会関係者は、「尹晶煥監督の退任は代表と関係がない。ユース代表監督を引き受けるといった話も確認していない」とコメントし、韓国代表監督就任との関連性を否定。また、「代表コーチに内定している人物もいない。コーチ陣は次期監督が選出されてから決まる」と続け、コーチ就任の可能性についても否定している。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
61pt
町田
60pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
40pt
Jリーグ順位をもっと見る