FOLLOW US

イブラヒモヴィッチ、現役引退の同胞DFメルベリに「友よ、ありがとう」

スウェーデン代表の主軸として長きに渡って活躍したメルベリ [写真]=Getty Images

 パリSGに所属するスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチが、現役引退を発表した元スウェーデン代表DFオロフ・メルベリに労いの言葉を送った。

 イブラヒモヴィッチは自身の『フェイスブック』を通じ、7月31日に現役引退を発表したメルベリに向けて次のようなコメントを掲載した。

「オロフ・メルベリが代表からの引退を発表した時、スウェーデンのサッカー界にとって大きな損失だと思ったよ。そして個人的にも、とても残念だった。以前、彼とマッチアップした時はとても苦しめられたね。もっと一緒にプレーしたかったよ。オロフほど勝者のメンタリティを備えている選手を俺は知らない。彼はどんな時でも負けん気が強かった。その気の強さが、彼のキャリアを素晴らしいものにしたんだ」

「俺の考えでは、オロフがスウェーデン史上最高のディフェンダーだ。そんな彼が現役引退を決断したのはとても悲しい。でも、彼は今後もサッカー界に貢献するだろう。オロフと彼の家族が幸福に満ちることを願っている。友よ、今までありがとう」

 メルベリは、スウェーデンのデゲルフォスでプロキャリアを始めると、AIKソルナやギリシャのオリンピアコスでリーグ優勝に貢献。アストン・ヴィラやユヴェントス、ビジャレアルでもプレーしている。また、スウェーデン代表としても117試合に出場し、8ゴールを記録していた。

(記事/超ワールドサッカー)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA