2014.07.26

清水やアーセナルに在籍のユングベリ、インドで短期の現役復帰へ

ユングベリ
現役復帰を発表したユングベリ [写真]=Getty Images

 元スウェーデン代表MFフレドリック・ユングベリが25日、短期間の現役復帰を発表した。

 ユングベリは、自身のツイッターを更新。「9月から3カ月間、インドスーパーリーグに加入してインドでのフットボールの発展を手助けするよ。引退していたが、インドでプレーする機会は本当にエキサイティング。プレミアリーグでの知識と経験で貢献したいね」とメッセージをつづった。

 37歳のユングベリは、1998年から2007年まで所属したアーセナルでは数々のタイトルを獲得。2003-2004シーズンには主力選手として、プレミアリーグで無敗優勝を達成するなど、ティエリ・アンリやロベール・ピレス、パトリック・ヴィエラらとともにクラブの黄金時代を築いた。
 
 アーセナル退団後はウェストハムを経てアメリカへ渡り、スコットランドのセルティックでもプレーした。そして2011年に清水エスパルスに加入し、2012年2月に契約を解除。その後、現役引退を発表していた。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング