FOLLOW US

元日本代表DF加地亮が途中出場でMLSデビュー、チームは3失点で敗戦

 MLS(メジャーリーグサッカー)のチーヴァス・USAは21日、DCユナイテッドと対戦。同試合で元日本代表DF加地亮が途中出場し、MLSデビューを果たした。試合は1-3で敗れている。

 3点のビハインドを背負ったチーヴァス・USAは、80分に加地を投入すると、徐々に攻撃のリズムが生まれPKを獲得。1点を返したが追加点を奪う事ができず、試合は1-3終了した。

 加地は高校卒業後の1998年、セレッソ大阪でプロキャリアをスタート。大分トリニータを経て、2002年にFC東京に加入した。2006年からはガンバ大阪に所属し、9シーズンに渡ってプレー。2003年には日本代表にも選ばれ、ドイツ・ワールドカップに出場している。今年6月、G大阪からチーヴァス・USAへ完全移籍していた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA