2014.07.13

ブラジル連盟、代表新監督にモウリーニョを希望か…2年後の招聘も

モウリーニョ
CBFから打診があったと報じられたモウリーニョ監督 [写真]=Getty Images

 ブラジルサッカー連盟(CBF)が、同国代表の新指揮官にチェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督の就任を望んでいる。スペイン紙『マルカ』が12日に報じた。

 同紙は、ルイス・フェリペ・スコラーリ監督の後任について、CBFがモウリーニョ監督の招聘を希望していると報道。ブラジル・ワールドカップ準決勝戦のドイツ戦を1-7の大敗で終えた後、CBFの幹部の1人がモウリーニョ監督の代理人であるジョルジュ・メンデス氏に接触したと伝えられている。同連盟のホセ・マリア・マリン会長がロンドンに向かう意思があることを告げると、モウリーニョ監督は申し出を断ったと報じられた。

 報道によれば、スコラーリ監督についてのCBFの意向は明確で、ブラジル・ワールドカップ終了後に退任することになる。CBFは直近のタイミングでモウリーニョ監督を招へいできなくても、今後2年間、同監督を待ち続ける考えであるとも報じられた。CBFは、2018年のロシア・ワールドカップに向けた準備を2016年から開始する予定であると伝えられている。

 なお、モウリーニョ監督はチェルシーとの契約を3年残しているが、同クラブの状況次第では、将来的にCBFと話し合いを持つ可能性を残したと報じられた。

 ブラジル代表は、自国開催のワールドカップで準決勝敗退。12日の3位決定戦では、オランダに0-3で敗れて4位に終わった。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング