2014.06.17

開始30秒ゴールでMOMのデンプシー「キャラクターを示すことができた」

デンプシー
試合開始から30秒で先制点を奪った米代表MFデンプシー [写真]=Getty Images

 アメリカ代表は16日、ブラジル・ワールドカップのグループG第1節でガーナと対戦し、2-1で勝利した。この試合のマン・オブ・ザ・マッチに選出されたMFクリント・デンプシーが喜びのコメントを残している。『FIFA.com』が伝えている。

 今大会最短となる開始30秒でゴールを奪うなど、チームの勝利に貢献したデンプシーは次のように語っている。

「今日の試合では、僕たちのキャラクターを示すことができた。僕たちは早いタイミングでゴールを奪うことができたね。ただその結果、チームは少し守備的になってしまったと思う。ガーナは良いプレーをしていた。だけど、ガーナのポゼッションを強く意識した戦い方が、結果的に僕たちを助けることになったね。同点ゴールを許したときはガーナが主導権を握っていたけど、アメリカの選手たちはゴールを奪えると信じていた。僕たちのパフォーマンスはベストではなかったけど、良い結果を出すことができたね」

「今日の試合で鼻を骨折してしまったと思う。僕はできる限り全力でプレーしたけど、終盤はとても息苦しかったね。今日の試合では最後までプレーできたけど、次の試合までにはしっかりと治したい」

 なお、ガーナ戦にフル出場を果たしたデンプシーは、30本のパスを供給。2本のシュートで1ゴールを奪っている。

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る