2014.06.16

ヒッツフェルト采配的中…途中交代2選手のゴールでスイスが逆転勝利

メーメディ
後半から出場で同点ゴールを決めたメーメディ [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第1節が15日に行われ、グループEではスイス代表とエクアドル代表が対戦した。

 グループEのトップシード国であるスイスは、ジェルダン・シャキリやギョクハン・インレル、シュテファン・リヒトシュタイナーなどが先発。エクアドルはアントニオ・バレンシアやフェリペ・カイセドがスタメンとなった。

 試合は序盤、多くのサポーターが詰めかけたエクアドルが積極的なプレッシングでペースを掴む。スイスは徐々にボールを保持する時間を増やすとシャキリやグラニット・シャカらがミドルシュートで狙う。

 迎えた22分、エクアドルは左サイドの深い位置でFKを得ると、ワルテル・アジョビがゴール前に送ったボールを、エンネル・バレンシアがヘディングシュートをフリーで叩き込み、先制に成功する。

 リード後はスイスがボールを支配し、エクアドルはカウンターを狙う展開となる。36分にはヴァロン・ベーラミのミドルシュートが枠の右へ飛ぶがエクアドルGKアレクサンデル・ドミンゲスが横っ飛びで防いだ。前半はエクアドルの1点リードで折り返す。

 ハーフタイムにスイスのオットマー・ヒッツフェルト監督が動く。ヴァレンティン・シュトッカーに代え、アドミール・メーメディを投入。するとこの采配が早速的中する。48分、リヒトシュタイナーのミドルシュートから左CKを得ると、リカルド・ロドリゲスが上げたボールにメーメディがヘディングで合わせてネットを揺らし、同点とした。

 追いつかれたエクアドルは59分、E・バレンシアが左サイドからのカットインからミドルシュートで狙うが、枠の上へ外れる。66分にはペナルティエリア内左に侵入したジェフェルソン・モンテーロがシュートするが、スイスGKディエゴ・ベナーリオが防いだ。

 70分、劣勢の時間が続いていたスイスは左サイドのR・ロドリゲスのアーリークロスから、ヨシップ・ドルミッチがネットを揺らしたが、オフサイドでノーゴールとなった。73分にも相手陣内でメーメディがボールを奪い、最後はシャキリがエリア内左からシュートしたが、ゴール左へ外れた。

 エクアドルは86分、ゴール正面でFKを得ると、マイケル・アロヨが右足で直接狙ったが、壁に当たって変化したボールはGKベナーリオが弾いた。

 試合はそのまま終了するかに思われた後半アディショナルタイムの93分、自陣ゴール前でボールを奪うと一気のカウンター。左サイドからR・ロドリゲスが中央へ丁寧なクロスを送ると、こちらも途中出場のハリス・セフェロヴィッチが押し込み、土壇場で逆転。スイスが2-1で勝利を収めた。

 20日に行われる第2節でスイスはフランスと、エクアドルはホンジュラスと対戦する。

【スコア】
スイス 2-1 エクアドル

【得点者】
0-1 22分 E・バレンシア(エクアドル)
1-1 48分 メーメディ(スイス)
2-1 90+3分 セフェロヴィッチ(スイス)

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る