2014.06.15

日本が入るC組初戦、コロンビアが大観衆の前でギリシャに3得点快勝

テオフィロ・ロドリゲス
2点目を決めたテオフィロ・ロドリゲス [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第1節が14日に行われ、グループCではコロンビア代表とギリシャ代表が対戦した。

 多くのサポーターがスタンドを埋めたコロンビアはハメス・ロドリゲスやテオフィロ・グティエレスらが先発となり、ギリシャはゲオルギオス・サマラスやテオファニス・ゲカスといったメンバーがスタメンに名を連ねた。

 試合は序盤からコロンビアがボールを支配すると開始5分、フアン・クアドラードの右サイドからのグラウンダーのクロスをハメス・ロドリゲスがスルー。ファーサイドのパブロ・アルメロが右足でゴール左へ流し込み、先制に成功する。

 ギリシャは前半の中盤以降、ボールを保持できるようになると28分、左FKをホセ・ホレバスがゴール前へ送り、ヴァシリス・トロシディスがヘディングで合わせたが、ゴール左へ外れた。37分にコロンビアは左サイドのビクトル・イバルボからファーサイドのハメス・ロドリゲスがゴール前でボレーシュートを放ったが、大きく枠を外れた。

 ギリシャはパスを回しながら、コロンビアは縦へ速い攻撃でチャンスをうかがう。前半終了間際には右サイドの崩しからギリシャのテオファニス・ゲカスが仕掛け、最後はパナギオティス・コネがミドルシュートで狙うが、GKダビド・オスピナが好セーブ。コロンビアの1点リードで前半を折り返す。

 後半開始早々の49分、コロンビアはハメス・ロドリゲスが中央をドリブルで持ち上がり、ミドルシュートもGKオレスティス・カルネジスの守備範囲だった。後半に入ってからもギリシャがボールを持ち、コロンビアが速攻を狙う展開は変わらず。57分にギリシャはディミトリス・サルピンギディスに代え、イオアニス・フェトファツィディスを投入する。

 しかし直後の58分、コロンビアは右CKを得るとニアサイドでアベル・アギラルがコースを変え、テオフィロ・グティエレスが押し込み、貴重な追加点を獲得する。ギリシャは63分に左サイドからのクロスをファーサイドのトロシディスがダイレクトで折り返し、ゲカスがゴール前でヘディングシュートをするが、クロスバーに当ててしまう。直後にはゲカスに代わり、コンスタンティノス・ミトログルがピッチに立つ。

 コロンビアも69分、アギラルに代わりアレクサンデル・メヒアが出場する。コロンビアサポーターは試合残り時間20分を切った頃から、ボール回しに合わせて「オーレ!」の掛け声。75分にはアルメロとテオフィロ・グティエレスがベンチへ下がり、サンティアゴ・アリアスとジャクソン・マルティネスがピッチへ。ギリシャもP・コネに代わり、ゲオルギオス・カラグニスが登場し、それぞれ交代枠を使い切る。

 85分、ギリシャはサマラスがミドルシュートで狙ったがゴールわずかに左。ギリシャは結局コロンビアゴールを割ることはできず。後半アディショナルタイムには素早いリスタートからクアドラードが持ち上がり、最後はハメス・ロドリゲスが決め、コロンビアが試合を決定づけ、3-0で勝利した。

 19日に行われる第2節ではコロンビアがコートジボワールと、ギリシャが日本と対戦する。

【スコア】
コロンビア 3-0 ギリシャ

【得点者】
1-0 5分 アルメロ(コロンビア)
2-0 58分 テオフィロ・グティエレス(コロンビア)
3-0 90+3分 ハメス・ロドリゲス(コロンビア)

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
34pt
レスター
26pt
チェルシー
26pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
25pt
ライプツィヒ
21pt
バイエルン
21pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
レアル・マドリード
25pt
アトレティコ・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
32pt
インテル
31pt
ラツィオ
24pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング