FOLLOW US

日本と同組の対戦、開始早々の得点でコロンビアがリードし前半終了

先制点を決めたアルメロ(中央) [写真]=FIFA via Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第1節が14日に行われ、グループCではコロンビア代表とギリシャ代表が対戦した。

 サポーターが多数集まったコロンビアはハメス・ロドリゲスやテオフィロ・グティエレスらが先発となり、ギリシャはゲオルギオス・サマラスやテオファニス・ゲカスといったメンバーがスタメンに名を連ねた。

 試合は序盤からコロンビアがボールを支配すると開始5分、フアン・クアドラードの右サイドからのグラウンダーのクロスをハメス・ロドリゲスがスルー。ファーサイドのパブロ・アルメロが右足でゴール左へ流し込み、先制に成功する。

 ギリシャは前半の中盤以降、ボールを保持できるようになると28分、左FKをホセ・ホレバスがゴール前へ送り、ヴァシリス・トロシディスがヘディングで合わせたが、ゴール左へ外れた。37分にコロンビアは左サイドのビクトル・イバルボからファーサイドのハメス・ロドリゲスがゴール前でボレーシュートを放ったが、大きく枠を外れた。

 ギリシャはパスを回しながら、コロンビアは縦へ速い攻撃でチャンスをうかがう。前半終了間際には右サイドの崩しからギリシャのテオファニス・ゲカスが仕掛け、最後はパナギオティス・コネがミドルシュートで狙うが、GKダビド・オスピナが好セーブ。コロンビアの1点リードで前半を折り返す。

【スコア】
コロンビア 1-0 ギリシャ

【得点者】
1-0 5分 アルメロ(コロンビア)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO