2014.06.11

元ブラジル代表ペレ氏がネイマールを案ずる「重すぎる重圧」

ネイマールを案じている元ブラジル代表ペレ氏 [写真]=Getty Images

「サッカーの王様」と称される、元ブラジル代表のペレ氏が、開催国としてブラジル・ワールドカップに臨む同国代表FWネイマールを案じている。イギリスメディア『BBC』が伝えた。

 ペレ氏は、現在9連勝を飾っているブラジル代表において、7得点を記録して波に乗っているネイマールに対し、「彼はまだ若い。責任を全て背負わせることは重すぎるプレッシャーだ」と語っている。

 また、ブラジル代表の歴代最多得点記録を持つペレ氏は、現在の代表チームについては「ブラジルの歴史上初めて、攻撃よりも守備がいいチームだ。中盤より後ろは素晴らしく、とても組織されている」と述べた。

 今大会の開催国となるブラジルは、ワールドカップで5回の優勝経験を誇り、2002年の日韓W杯以来の優勝を狙う。同国代表のエースとして、背番号10を背負う22歳のネイマールは今大会が初出場となっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る