2014.06.08

元マンUのベッカム氏、設立中の新クラブ監督にモイーズ氏選出か

モイーズ
マイアミで開催したイングランド対エクアドルの親善試合を観戦するモイーズ氏 [写真]=Getty Images

 元マンチェスター・Uのデイヴィッド・ベッカム氏が、マイアミに設立中の新クラブに、マンチェスター・Uの前監督、デイヴィッド・モイーズ氏を招へいするため、接触を図ったと、イギリス紙『サンデー・エクスプレス』が報じている。

 同紙によると、ベッカム氏はモイーズ氏に新クラブの指揮をとってもらうことを望んでおり、MLS(メジャーリーグ・サッカー)での新クラブ設立プロジェクトのメンバーがモイーズ氏と連絡をとったと伝えている。ただ、新クラブは2017年に発足の予定で、現在フロリダ州のマイアミでのスタジアム建設の交渉中。しかしベッカム氏は監督やコーチ、その他スタッフをできるだけ早く決めたいと考えているため、早い段階でのアプローチとなった。

 一方のモイーズ氏は、現在どのオファーに対してもオープンな姿勢を取っており、もう1度チャンピオンズリーグの出場権を持つクラブで監督をするのが理想としている。だが、もし良いオファーがなければ長期休暇をとることも以前、語っている。

 さらにモイーズ氏はフロリダが好きで休暇をよく過ごしており、別荘も持っているほど。マイアミの新チームで監督就任のため、ベッカム氏からの接触があれば、モイーズ氏は考えるだろうと、同紙は見ている。

 モイーズ氏は、2013-14シーズンからマンチェスター・Uを率いていたが、成績が振るわず、リーグ戦4試合を残して退任。その後ライアン・ギグスが暫定指揮官として後任を務めたが、プレミアリーグで7位に終わり、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグ共に出場権を逃している。来シーズンからの新指揮官には、現在オランダ代表を率いるルイス・ファン・ハール監督が就任することが発表されている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る