2014.06.07

スアレスとの関係語るウルグアイ代表FWカバーニ「刺激し合っている」

ウルグアイ代表の攻撃を支えるカバーニとスアレス [写真]=Getty Images

 パリSGに所属するウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニが、同国代表のチームメイトであるリヴァプール所属するFWルイス・スアレスとの良好な関係を口にした。イギリス誌『FourFourTwo』がカバーニのコメントを伝えている。

 カバーニは、4年前の南アフリカ・ワールドカップでもともにプレーしたスアレスを、互いに競争意識を持って高めあう存在だと感じているようだ。ベストな状態を保ってワールドカップに臨めば結果を残せると主張した。

「僕たちは4年前の南アフリカでも一緒にプレーした。今はお互いに成熟しているし、協調性を持ってプレーできているね。お互いに似ていて、競争しながら刺激しあうことで状態を保っている」

「今季は2人ともクラブチームで素晴らしいシーズンを過ごした。今はウルグアイ代表のために、お互いがベストを尽くしている。僕たちは世界で5本の指に入るチームだ。国のため、応援してくれる人のためにもその地位を保ちたいね。ワールドカップでその力を示したいと思っているよ」

 スアレスはひざの手術を先月行い、ワールドカップ登録メンバー23名入りしたものの、出場に間に合うかが注目されている。

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る