FOLLOW US

強豪国揃いのグループD、ウルグアイ指揮官が戦術変更を示唆

ウルグアイ代表を率いるオスカル・タバレス監督 [写真]=LatinContent/Getty Images

 ブラジル・ワールドカップ初戦でウルグアイと対戦するコスタリカ。対戦相手のオスカル・タバレス監督は、コスタリカ代表MFセルソ・ボルヘスの中長距離のパスに警戒心を強めているようだ。コスタリカ紙『アル・ディア』が報じている。

 タバレス監督は、W杯で従来の2トップではなく、エディンソン・カバーニの後方にディエゴ・フォルランを置く1トップを採用する可能性について言及。

 その理由について、次のように語っている。

「我々は(スティーヴン)ジェラードや(アンドレア)ピルロ、そしてセルソ・ボルヘスと対戦しなければならない。彼らは質の高いプレーヤーであり、守備的なポジションでプレーしながらボールを持てばあらゆるエリアからパスを通し、チームをオーガナイズすることができる。彼らとマッチアップする選手が必要かもしれない」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA