FOLLOW US

サンパウロでの契約満了のパボン「ビッグクラブでプレイでき感謝」

バレンシアでプレーしていたFWパボン [写真]=Getty Images

 スペインのバレンシアから期限付き移籍でブラジルのサンパウロに所属していたFWドルラン・パボンが、サンパウロを去ることがわかった。コロンビアのポータルサイト『Colombia.com』が伝えている。

 26歳のコロンビア人であるドルラン・パボンは、母国のエンビガードでデビュー。2010年から2年間所属したアトレティコ・ナシオナルでは、72試合に出場して32ゴールと活躍した。その後はスペインやメキシコなどでプレイし、2013年の8月からはバレンシアに所属。しかし出場機会を求めていたパボンは今年の1月末、前線の補強をしたいサンパウロに期限付きで移籍していた。

 サンパウロでは持ち前のスピードを生かしてサイドを切り崩すプレイなどでチームに貢献したパボン。サンパウロ州選手権やコパ・ド・ブラジルなどで活躍すると、ブラジル全国選手権でも9試合中7試合に出場して1ゴールを決めるなど結果を残していたが、サンパウロが金銭的な理由でパボンとの契約を更新しないことを発表したため退団する運びとなった。

 パボンはサンパウロでの約5ヶ月間を次のように振り返って、感謝の言葉を述べている。

「非常に満足している。サンパウロのようなビッグクラブでプレイできたことを誇りに思うし、とても感謝している」

 5ヶ月間で18試合に出場し10ゴールを挙げたパボンの移籍先は、メキシコのモンテレイと報じられている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA