FOLLOW US

リヒトシュタイナーが決勝弾…ペルーに快勝のスイスが勝利でブラジルへ

決勝点を挙げたリヒトシュタイナーを囲むスイス代表 [写真]=Getty Images

 国際親善試合のスイス代表vsペルー代表が3日に行われ、スイス代表が2-0で勝利した。

 ブラジル出発前最後の強化試合に臨んだスイスは、エースのシェルダン・シャキリをベンチスタートとしたものの、グラニット・シャカやシュテファン・リヒトシュタイナーなど、それ以外の主力を揃って先発で起用した。

 開始直後にギョクハン・インレルがファーストシュートを放つなど、積極的な入りを見せたスイス。だが、時間の経過とともに中盤での不用意なボールロストが目立ち始め、ワールドカップ南米予選7位のペルー相手にペースを掴み切れない。それでも23分、相手ボックス付近で得たFKからリカルド・ロドリゲスが強烈なシュートを浴びせる。しかし、このシュートは相手GKの好セーブに阻まれた。

 逆に、前半終了間際の40分にはボックス左に侵入したパオロ・ウルタードに決定的なシュートを放たれるが、ここはGKディエゴ・ベナーリオが素晴らしい反応から指先でコースを変えて枠の右に弾き出した。

 ゴールレスで迎えた後半、ヴァロン・ベーラミに代えてブレリム・ジェマイリを投入したスイスは、48分に後半最初のチャンスを作り出す。右サイドを抜け出したリヒトシュタイナーの浮き球のクロスをヨシップ・ドルミッチがボレーで合わせるが、このシュートは枠を捉えられず。その直後にもアドミール・メーメディとのワンツーでゴール前に抜け出したヴァレンティン・シュトッカーにゴールチャンスも、今度は相手GKの果敢な飛び出しに阻まれた。

 何とか勝利でブラジルへと旅立ちたいスイスは64分、エースのシャキリとハリス・セフェロヴィッチを同時投入。するとエース投入で攻勢を増したスイスは、78分にようやくゴールをこじ開ける。

 左サイドのリカルド・ロドリゲスが絶妙なクロスをファーサイドに送ると、これをリヒトシュタイナーが打点の高いヘディングでゴールに流し込んだ。さらに勢い付くスイスは、85分にもインレルのロングフィードに抜け出したシャキリが冷静に2点目を奪った。

 そして、試合はこのまま2-0でタイムアップを迎え、スイスがブラジル出発前最後の強化試合を勝利で飾った。なお、ワールドカップ本大会でグループEに所属するスイスは、フランス代表、ホンジュラス代表、エクアドル代表と対戦する。

【スコア】
スイス 2-0 ペルー

【得点者】
1-0 78分 リヒトシュタイナー(スイス)
2-0 85分 シャキリ(スイス)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA