FOLLOW US

W杯出場のベルギーがスウェーデンに快勝…ルカク&アザール弾

チームの2点目を記録したアザール [写真]=Getty Images

 1日に行われた国際親善試合でスウェーデン代表とベルギー代表が対戦し、ベルギーが2-0で勝利した。

 5月26日に行われたルクセンブルク戦(5-1)から先発メンバーを4名入れ替えたベルギーは、そのルクセンブルク戦でハットトリックの活躍を見せたロメル・ルカクやエデン・アザールに加え、チャンピオンズリーグの決勝戦に出場していた影響で合流が遅れていたティボー・クルトワも先発。対するスウェーデンは、キム・シェルストレームやセバスティアン・ラーションが先発メンバーに名を連ねるも、エースのズラタン・イブラヒモビッチはベンチスタートとなった。

 試合は序盤から激しい競り合いが繰り広げられる熱戦となる。するとベルギーは15分、ボックス左手前でアザールからパスを受けたケヴィン・デ・ブライネがゴール右隅を狙ったコントロールシュートを放つ。これはクロスバーに嫌われるも、34分にデ・ブライネのパスカットからアクセル・ヴィツェルのワンタッチパスに抜け出したルカクのミドルシュートが、ゴール左に突き刺さって、ベルギーが先制に成功する。

 前半の内に追いつきたいスウェーデンは44分、エルカン・ゼンギンのクロスボールに反応したオラ・トイヴォネンがヴァンサン・コンパニの裏をとるが、わずかに合わない。一方、リードしたまま後半を迎えたベルギーは52分、ボックス左でボールを受けたアザールがカットインから中央へラストパス。これをボックス手前で受けたムサ・デンベレが左足を振り抜いたが、ボールは相手GKの正面に飛んでしまう。

 一方、ホームのスウェーデンも68分、ショートコーナーからジミー・ドゥルマズが持ち上がったボールを、最後はペナルティアーク手前に走りこんだゼンギンが狙ったが、ボールはクロスバーを叩いた。対するベルギーは78分、左サイドを持ち上がったアザールが、ボックス手前のデ・ブライネとのパス交換で中央に切れ込みシュート。これがゴール左に収まり待望の追加点を奪った。その後、スウェーデンのラーションにゴールを脅かされるも、クルトワの好セーブでピンチを凌ぎ切ったベルギーが強化試合で連勝を飾っている。

 なお、ベルギーは7日にチュニジア代表とワールドカップ前最後の強化試合を行う。

【スコア】
スウェーデン代表 0-2 ベルギー代表

【得点者】
0-1 34分 ルカク(ベルギー)
0-2 78分 アザール(ベルギー)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO