2014.05.31

日本と同組コートジボワール、ドログバFK弾も及ばずボスニアに敗戦

ジェコ
ジェコの決めた先制点を喜ぶボスニアの選手たち [写真]=Getty Images

 国際親善試合が30日に行われ、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表とコートジボワール代表が対戦した。

 ブラジル・ワールドカップに出場する国同士の対戦となった同試合。ボスニアはグループFに所属し、アルゼンチン、イラン、ナイジェリアと同組。一方のコートジボワールはコロンビア、ギリシャ、日本と同組のグループCに所属している。

 アメリカで行われた同試合でボスニアはエディン・ジェコやミラレム・ピアニッチらが先発し、コートジボワールはヤヤ・トゥーレが負傷で、コロ・トゥーレが病気で欠場。ディディエ・ドログバやジェルビーニョ、サロモン・カルーといった面々もベンチスタートとなった。

 試合は17分、ロングボールをコートジボワールのDFが処理をミス。胸でバックパスしたボールが短くなると、飛び出したGKシルヴァン・グボウオが弾いたが、こぼれ球をジェコが蹴り込み、ボスニアが先制する。しかし直後にボスニアはセアド・コラシナツが負傷し、セヤド・サリホヴィッチとの交代を強いられる。

 押し込まれる時間の続いていた主力不在のコートジボワールは、セットプレーから活路を見出そうとするが、得点できない。42分には、コートジボワールDFライン裏へのロングボールをイゼト・ハイロヴィッチが頭で落とし、拾ったジェコがシュートを打つが、GKの脇を抜けてゴールに向かったボールはコンスタント・ジャクパがクリアする。直後にも抜け出したジェコがGKと1対1になる決定機を迎えたが、シュートは大きく枠を外してしまった。前半はボスニアの1点リードで折り返す。

 後半、立ち上がりコートジボワールが押し込む展開となったが53分、ピアニッチの右からの速いパスを受けたジェコが、ペナルティエリア外からワントラップ後に右足ボレーシュートをゴール左へ決め、ボスニアに追加点が生まれる。

 ボスニアは61分にズヴェズダン・ミシモヴィッチとジェコを下げ、ハリス・メドゥンヤニンとヴェダド・イビシェヴィッチがピッチへ。コートジボワールも63分にラシナ・トラオレに代え、ドログバを投入。さらに69分にもセイドゥ・ドゥンビアも送り出す。

 79分、コートジボワールはドログバのスルーパスからジョヴァンニ・シオがペナルティエリア内右でシュートするが、GKアスミル・ベゴヴィッチがセーブした。前掛かりになるコートジボワールに対し、ボスニアはカウンターで応戦する。

 2点リードのボスニアだが、心配な点も。前半に負傷で交代枠を使ったが、後半も64分に胸部を痛めたオグニェン・ヴラニェス、83分に左足首を痛めたエミル・スパヒッチがベンチへ下がっている。

 ドログバ投入後は攻撃が活性化したコートジボワールは試合終了間際の91分にゴール正面で得たFKをドログバが直接蹴り込み、1点を返したが、ボスニアが2-1で勝利している。

【スコア】
ボスニア・ヘルツェゴビナ 2-1 コートジボワール

【得点者】
1-0 17分 ジェコ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)
2-0 53分 ジェコ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)
2-1 91分 ドログバ(コートジボワール)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る