2014.05.23

ロビーニョとカカにMLS移籍の可能性…新規参入クラブが獲得狙う

カカ
MLS移籍の可能性を報じられたロビーニョ(上)とカカ(下) [写真]=Getty Images

 日本代表MF本田圭佑のミランに所属するFWロビーニョとMFカカに、MLS(メジャーリーグ・サッカー)へ移籍する可能性が浮上している。イギリス紙『ガーディアン』が22日に報じた。

 同紙は、2015シーズンからのMLS参入が予定されているオーランド・シティが2選手の獲得を画策していると報道。ミランが来シーズンの欧州カップ戦への出場権を逃したことで、選手売却に転じると伝えられた。

 ロビーニョについては、MLSへの移籍のために、ミランとの契約解除を検討していると報じられた。また、カカは、オーランド・シティの共同オーナーであるファビオ・アウグスト・ダ・シルヴァ氏の個人的な友人であり、アメリカでのプレーを希望していると伝えられている。オーランド・シティは以前にもカカ獲得の画策を報じられていた。

 現在19クラブが参加しているMLSは、2020年までにクラブ数を24に拡大する見込みで、オーランド・シティはニューヨーク・シティと共に2015年から加わる予定となっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
42pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
52pt
インテル
43pt
欧州順位をもっと見る