2014.05.14

元韓国代表MFパク・チソンが現役引退表明…京都やマンUでプレー

パク・チソン
現役引退を表明したパク・チソン [写真]=VI-Images via Getty Images

 PSVに所属する元韓国代表MFパク・チソンが今シーズン限りでの現役引退を表明した。韓国メディア『総合ニュース』が伝えた。

 母国で会見を開いたパク・チソンは、「ひざの状態が良くなく、来シーズン耐えることができる状態ではないと判断し、引退を決めました」と、負傷を大きな理由としている。

 また、同じ会見の席で、現在交際中の韓国『SBS』のアナウンサー、キム・ミンジさんと7月27日に挙式を行うことも併せて発表している。

 現在33歳のパク・チソンは、韓国の大学在学中の19歳時に来日し、京都サンガF.C.に入団。2年目から活躍すると韓国代表にも選出され、2002年にPSVへと渡った。オランダでも活躍し、チャンピオンズリーグでベスト4入りなど経験すると、2005-06シーズンにマンチェスター・Uに加入する。献身的なプレーで当時の指揮官であるアレックス・ファーガソン監督の信頼を獲得し、2011-12シーズンまで7シーズンにわたり在籍。4度のプレミアリーグ制覇や2007-08シーズンのチャンピオンズリーグ優勝にも貢献した。昨シーズン、クイーンズ・パーク・レンジャーズに移籍し、今シーズンは古巣PSVに復帰していた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る