FOLLOW US

機動隊の催涙スプレーが発煙筒に引火…サポーターが一瞬火だるまに

事件の様子を伝える英紙『デイリーメール』電子版紙面

 26日に行われたポーランドリーグ・プレーオフ第1節のシロンスク・ヴロツワフ対ザグウェンビェ・ルビンにおいて、スタジアム警備の機動隊が催涙スプレーをサポーターに噴霧すると、発煙筒に引火し、一瞬火だるまとなる事件があった。イギリス紙『デイリーメール』が報じた。

 同試合において、ザグウェンビェ・ルビンのサポーター数名が発煙筒を焚いたが、その中の1名がフェンスに上った。そこで、機動隊の1人が同サポーターに対して催涙スプレーを噴霧すると、手に持っていた発煙筒に引火し、一瞬上半身が火に包まれた。すぐに発煙筒を手放し、フェンスから落ちるように降りたサポーターは、すぐ火が消えたため、観客席に戻っている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO