2014.04.24

日本代表GK川島が監修本「小学生向け!サッカー英語ドリル」を発売

川島永嗣
監修本を発売する川島永嗣

 スタンダール・リエージュ所属の日本代表GK川島永嗣が監修した「小学生向け!サッカー英語ドリル初級編」(幻冬舎/定価:1,300円+税)が5月22日に発売される。

 同書籍は、将来世界で活躍するサッカー選手になることを目指し、サッカークラブに入った少年が試合に出場するまでのストーリー仕立てで、全40レッスンを収録。CD付きで、サッカー以外のスポーツや日常生活にも応用できる。

 発売にあたり、川島は「英語の最終目標は『聞く力』『話す力』『読む力』『書く力』を身につけることですが、小学生のみなさんにはぜひ、『聞く力』と『話す力』の基礎づくりを目指してほしいと思います。基礎練習は時として退屈に感じることがあるかもしれませんが、サッカーも英語も基礎が大事なのはいっしょです。さぁ、ぼくといっしょにがんばろう!」とコメントを寄せている。

 同書籍はグローバルアスリートプロジェクトが手がけている。同プロジェクトは、2011年6月に川島が発起人兼アンバサダーの1人となり発足。海外に挑戦するアスリートが増えるなか、「言葉の壁」が一要因となり、チャンスを逃してしまった選手たちが大勢いることから、実力が発揮できるような環境をつくるサポートをしていきたいという想いを胸に活動している。サポートアスリートは2014年2月現在で199名。競技数は24種目。言語数は10言語。2014年5月に外国語を公用語としたスポーツ教室を開校する予定となっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
32pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
27pt
シャルケ
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る