FOLLOW US

ブラジルの名門コリンチャンス、ダウン症患者の青年と1日契約

ブラジル屈指の名門であるコリンチャンス [写真]=LatinContent/Getty Images

 コリンチャンスが21日、ダウン症患者の青年と1日契約を結んだ。

 コリンチャンスは、2012年に国連が制定した「世界ダウン症の日」である同日に、ダウン症を抱える選手たちで構成されるフットサルのブラジル代表である26歳のカイオ・タデウ・バティスタさんと契約を締結した。契約書はクラブ公式HPで公開され、加入会見も実施。自身の名前と背番号の入ったユニフォームを受け取ったカイオさんは、会見後に練習に合流して、チームメートとともに汗を流した。

 また、コリンチャンスは23日に行われたアトレチコ・ソロカバ戦にカイオさんを招待。ユニフォームを着用したカイオさんは、チームとともに入場してアトレチコ・ソロカバの選手達と試合前に握手を交わすとともに、キックオフセレモニーも行った。スタジアムに訪れた観客から拍手が送られる中で始まった試合は、コリンチャンスが3-0と完封勝利を収めて、締めくくられた。

 コリンチャンスは、ブラジル屈指の名門チーム。2012年12月に日本で行われたクラブ・ワールドカップでは、南米代表で出場して、世界一に輝いていた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO