2014.03.24

植田龍仁朗の58mに及ぶ得点、ルーニーのスーパーゴールで再注目

 マンチェスター・Uに所属するイングランド代表FWウェイン・ルーニーが、22日に行われたプレミアリーグ第31節のウェストハム戦で、ハーフウェーライン付近から放ったロングシュートで得点。ルーニーのスーパーゴールを受けて、『ESPN』ではロングシュートによるベスト10ゴールを発表した。

 7位には、バルセロナに所属していた元ブラジル代表FWのリヴァウド氏が、1998年のアトレティコ・マドリード戦で記録したゴールがランクイン。5位には、2006年当時にリヴァプールに所属していたスペイン代表MFシャビ・アロンソが、ニューカッスル戦で決めたゴールが入った。

 2位は、元イングランド代表MFのデイヴィッド・ベッカム氏が、マンチェスター・U時代の1996年に決めたウィンブルドン戦でのロングシュート。様々なロングシュートがランクインする中、1位となったのは、ファジアーノ岡山のDF植田龍仁朗が、2011年10月に行われたJ2第33節の横浜FC戦で記録したヘディングシュートだった。記事では、58.6メートルにも及ぶロングシュートは、ヘディングによる最長距離の得点と紹介された。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
57pt
サンフレッチェ広島
56pt
FC東京
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
町田
68pt
大分
66pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
56pt
鹿児島
45pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る