FOLLOW US

王国ブラジルのW杯初優勝時主将DFベリーニ氏が83歳で死去

 ブラジルサッカー連盟は20日、元ブラジル代表DFのルイス・ベリーニ氏が83歳で死去したと、公式HPで発表した。

 ベリーニ氏は、1958年のスウェーデン・ワールドカップにキャプテンとして出場。ブラジルのワールドカップ初優勝に貢献していた。

 晩年は、アルツハイマー病を発症して、闘病生活を送っていた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA