2014.03.10

ブラジル、W杯着用のアウェーユニ発表…歴史と文化を称える革新的デザイン

ブラジル代表
アウェーユニを身にまとうネイマール(中央)とホームユニ着用のT・シウヴァ(右)、サードユニ着用のD・ルイス(左)

 ナイキが、6月に開幕するブラジル・ワールドカップでブラジル代表が着用する新アウェーユニフォームを発表した。

 5日に行われた国際親善試合で南アフリカ代表と対戦したブラジル。同試合の前半ではホームユニフォームを着用して試合に臨んだ代表だが、後半は前回のW杯主催国の南アフリカに敬意を表し、同国のファンに2014 キットを特別に披露し、観衆を驚かせた。

 デザインは、ブラジル国民がスポーツ、ダンスや生活の中で随所に魅せる情熱や躍動感をインスピレーションとしており、伝統的なブルーを用いたアウェージャージは、国の誇りを表現する同系カラーのストライプと、ブラジル国旗を参考にした小さな円やひし形も描かれている。ストライプにはブルーのグラデーションを用いてダイナミックな印象を高めており、背景に使われるブルーはブラジルの美しい海と、名高いサーフカルチャーも表現している。

 また、ジャージには鮮やかで、かすかに光る印象を与える、ゴールドメタリックの織りを含んだ、大きめのクレストがあしらわれており、ジャージ内部のクレストの裏側には、ブラジル国旗にあるひし形の周りにポルトガル語で「フットボールをするために生まれてきた」という意味の“Nascido para jogar futebol”のフレーズが円形に記されている。

 同社は、ブラジルで有名なデザイナーのブルーノ・ビッグとともに、国旗にも用いられている南十字星をあしらったペナントタブを制作し、首の内側に配した。この星座は1889 年にブラジル連邦設立が宣言されたとき、リオデジャネイロの空に輝いていたと言われている。ジャージの背中とショートの前身頃の名前や番号の文字は、ブラジル各地の路上に見られる手書きのポスターに見られる文字を参考につくったユニークなフォントを用いたものとなっている。

 今回の発表によりホーム、アウェー、サードキットからなる、ブラジル代表の2014年ワードローブが出揃ったことになる。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る