2014.02.17

ベッカム氏が獲得を希望…C・ロナウド、キャリア晩年はMLSか

C・ロナウド
MLS移籍の可能性が報じられたC・ロナウド [写真]=Getty Images

 マイアミにMLS(メジャーリーグサッカー)の新クラブを発足すると発表した元イングランド代表MFのデイヴィッド・ベッカム氏が、レアル・マドリードに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの獲得に興味を示していると、イギリス紙『サン』が報じた。同紙の内容を、イギリス紙『メトロ』が伝えている。

 ベッカム氏は、マイアミの新クラブにビッグネームを加入させようと考えており、2017年にクリスティアーノ・ロナウドの獲得を目指す模様。同選手は以前、MLSでのプレーに興味を示す発言を残していたため、キャリアの晩年をアメリカで過ごす可能性があると報じられた。

 ベッカム氏は、クラブ創設を発表した際に「素晴らしい選手をチームに加入させたい。幸運なのはマイアミでのプレーに興味を示している選手がいることだ」と語っていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
90pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
71pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
シャルケ
56pt
ドルトムント
54pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
72pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
84pt
ローマ
67pt
欧州順位をもっと見る