2014.02.14

06年W杯イタリア代表優勝メンバー、カモラネージが今季での引退表明

カモラネージ
2006年W杯決勝後、自慢の長髪の断髪式を行ったカモラネージ [写真]=Bongarts/Getty Images

 ユヴェントスで長らく活躍した元イタリア代表MFマウロ・カモラネージが、今シーズン限りで現役を退くと表明した。

 現在、アルゼンチンのラシン・クラブでプレーするカモラネージは、同国ラジオに出演した際、「トレーニングが十分にできないことにフラストレーションを感じている。常にプレーしたいと思っているが、今はそれができないんだ。自分がまだ選手だとは感じているが、今の自分は好きじゃない。決断したんだ、6月に引退するとね」とコメントし、今シーズン限りでの引退を表明した。

 引退後については、「監督になるよ。そのことについては待ちきれないね。目標とするのはマルチェロ・リッピだ」と話し、監督業の目標にユヴェントスやイタリア代表時代に師事した名将の名を挙げている。

 37歳のカモラネージは、アルゼンチンでキャリアをスタート。メキシコやウルグアイなどでプレーし、2000年にヴェローナへ加入し、イタリアの地に渡ると、2002年からユヴェントスに在籍。2010年夏からシュトゥットガルト、2011年からラヌースに所属し、2012年夏にラシンに加入した。代表としては、2003年に祖父の国籍であるイタリアに帰化し、同国代表入り。2006年にはドイツ・ワールドカップ制覇を経験している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る