2014.01.15

“お騒がせ男”ムトゥが14年ぶり母国復帰「代表招集もあるかも」

母国復帰となったムトゥ [写真]=Getty Images

 ルーマニアのペトロルル・プロイェシュティは14日、フランスのACアジャクシオから同国代表FWアドリアン・ムトゥを獲得したと、クラブの公式HPで伝えた。

 14年ぶりの母国復帰となったムトゥは、移籍の際に「故郷のルーマニアに戻れて嬉しい」と喜び、「素晴らしい歓迎には、感謝しかない。これからは、パフォーマンスで信頼や期待に応えていきたい」と抱負を明かしている。

 また、「常に全てを勝ち取りたいと思ってきたし、リーグとカップの優勝がかかっているペトロルルでも同じことだよ」という意気込みとともに、「プレーで再び価値を証明できるなら、代表招集もあるかもしれないね」とコメント。代表復帰への意欲も示した。

 35歳のムトゥは、インテルやチェルシー、ユヴェントス、フィオレンティーナなどに在籍経験がある一方、ドーピング問題など、数々のスキャンダルを引き起こしてきた。昨年行われたワールドカップ予選のプレーオフで招集メンバー外になった際には、ビクトル・ピトゥルカ監督の顔をイギリスのコメディ番組に登場するMr.ビーンの顔と入れ替えた合成写真を自身のフェイスブックに掲載。ルーマニアサッカー連盟から代表追放処分を受けていた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る