2014.01.14

FIFA女子最優秀監督賞はドイツ代表のネイド監督が受賞

シルビア・ネイド
FIFA女子年間最優秀監督賞を受賞したネイド監督 [写真]=FIFA via Getty Images

 FIFA(国際サッカー連盟)は13日、スイスのチューリッヒで年間表彰式を行い、FIFA女子年間最優秀監督賞に、ドイツ代表を率いるシルビア・ネイド監督を選出した。ネイド監督の受賞は2010年以来、3年ぶり2度目。

 2005年からドイツ女子代表を率いるネイド監督は、2013年7月にスウェーデンで開催されたUEFA欧州女子選手権を制覇。同代表を大会6連覇に導いた。

 なお、最優秀監督賞の最終候補には、ネイド監督の他に、ヴォルフスブルクのラルフ・ケラーマン監督と、スウェーデン代表のピア・スントハーゲ監督が選出されていた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る