FOLLOW US

前回王者と対戦へ…ポーランド代表FWミリク、エンバペ対策には「スクーターが必要だ!」

ミリク(左)とエンバペ(右)がラウンド16で対戦へ [写真]=Getty Images

 ポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリク(ユヴェントス/イタリア)が、4日に行われるFIFAワールドカップカタール2022・ラウンド16のフランス代表戦に向けて意気込みを示した。3日にイギリスメディア『アスレティック』がコメントを伝えた。

 ポーランド代表はグループC第3節でアルゼンチン代表に敗れたものの、得失点差でメキシコ代表を上回り、36年ぶりに決勝トーナメント進出。ラウンド16では、前回王者フランス代表と対戦することになった。

 2021年1月から今夏までマルセイユでプレーしていたミリクは、フランス代表FWキリアン・エンバペ(パリ・サンジェルマン)と何度か対戦。前日会見で相手のエースを止める方法について問われると、「彼はとても速いから、止めるにはスクーターが必要だろうね。バイクがないと難しいよ!」とジョークで回答した。

 ミリクは続けて、「世界最高の選手の一人と対戦するのは難しい。一人では彼を止めることはできないから、グループとして、集団として、チーム内でとても良い協力関係を築いてプレーする必要があるんだ」とも語り、難しい戦いとなることを覚悟している。

 フランス代表戦では、ミリクとユヴェントスでともにプレーするGKヴォイチェフ・シュチェスニーの活躍にも注目が集まる。グループステージでPK2本を止めた守護神について、ミリクは「シュチェスニーは今大会から素晴らしいGKになり始めたわけではない。今大会では、僕たちが以前から知っていたことをたくさん見せてくれた。今大会で彼がこれほどまでに調子が良いのはとても嬉しいし、明日も良いプレーを見せてくれることを期待している」と期待を寄せている。

 フランス代表vsポーランド代表は、日本時間12月4日24時(5日0時)キックオフ。NHKおよびABEMAで生放送される。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO