FOLLOW US

20年前は選手、今度は監督として決勝Tへ…セネガルのシセ監督「我々にとって新たな挑戦」

今大会はジャージ姿でベンチ入りしているシセ監督 [写真]=Icon Sport via Getty Images

 FIFAワールドカップカタール2022・グループAの第3節(最終節)が29日に行われ、セネガル代表がエクアドル代表を2-1で下した。この結果、セネガル代表はグループAを2位で通過することが決定。試合後、セネガル代表を率いるアリウ・シセ監督がコメントを発した。イギリスメディア『Ledbury Reporter』がその様子を伝えている。

 前回のロシア大会が4大会ぶり2度目の出場となったセネガル代表は、フェアプレーポイントの差で日本代表を下回り、無念の敗退となっていた。迎えた今大会、アフリカネイションズカップ王者として2大会連続のワールドカップ出場を決めたセネガル代表は、負傷の影響で“エース”のサディオ・マネ(バイエルン/ドイツ)を欠いて大会に臨んだ。21日に行われた第1節ではオランダ代表相手に悪くない試合運びを見せながら、終盤の2得点で敗北。続くカタール代表戦は3-1で制し、決勝トーナメント行きに望みをつないでいた。

 勝てば他会場の結果を待たずに決勝トーナメント行きを決められる第3節では、ここまで1勝1分と好調を維持するエクアドル代表と対戦。試合は良い入りを見せたセネガル代表のペースで進み、44分にはイスマイラ・サール(ワトフォード/イングランド)のPKで先制に成功する。後半に入ると主導権をエクアドル代表に引き渡し、67分には同点ゴールを許したものの、直後のセットプレーでカリドゥ・クリバリ(チェルシー/イングランド)が勝ち越しゴールを記録。試合はこのまま終了し、2002年に開催された日韓大会以来、20年ぶりに決勝トーナメント進出を決めていた。

 現役時代にはセネガル代表のキャプテンも務め、日韓大会では母国のベスト8入りに大きく貢献していたシセ監督は、今度は指揮官として決勝トーナメントを戦うことになる。「我々にとっては新たな挑戦だ」と話したシセ監督は、次のように今後の展望を語っている。

「グループステージのような形式で試合に臨むことには慣れているが、ノックアウトステージはまったく違う。勝ち残っているのは良いチームだけで、世界のベストチームによって争われる。だからこそ、どのような相手にも対応できるように準備しなければならない」

「勝つか負けるかの2択しか用意されておらず、そこに2度目はない。勝てば突破、負ければ敗退だ。だから今はとにかく休み、次の試合に向けてコンディションを整えるというシンプルなことに集中したい」

 なお、グループB第3節の結果を受けて、セネガル代表の決勝トーナメント1回戦の相手はイングランド代表に決定した。決勝トーナメントは12月3日からスタートし、セネガル代表は4日にイングランド代表との“大一番”に臨む。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO