FOLLOW US

W杯公式記念コイン最終予約販売が20日から開始 公式史上最大の記念コインも

 泰星コイン株式会社は、2022年11月に開幕するFIFAワールドカップカタール2022公式記念コインの最終予約販売を、全国の主要金融機関などで20日から開始すると発表した。

 以下、リリースの通り。

 本記念コインは、FIFA承認の公式コインとして開催国カタールが発行、700年以上の歴史と高い芸術性で定評のある国立ベルリン造幣局(ドイツ)が鋳造するものです。大会の舞台となる8つの近代的なスタジアムをはじめ、ダイナミックなサッカーのプレーや、アラビア文化特有の繊細なアートワークを随所に取り入れた、スポーツの躍動と緻密な表現を融合したデザインとなっています。また、金貨5種と銀貨4種は全て異なるデザインが採用されています。

 税込価格は、<100リヤル金貨>が2,970,000円、<50リヤル金貨>が660,000円、<10リヤル金貨>3種が各165,000円、<金貨3種セット>が495,000円、<銀貨4種セット>が66,000円です。

■史上最大級の迫力と緻密さを融合した5オンス金貨

<100リヤル金貨>は、1994年大会から発行されているFIFAワールドカップ記念コイン史上最大となる、直径65㎜、重さ155.55g(500円硬貨約22枚分)。熱戦の舞台となる8つのスタジアムの公式アートワークがサッカーボールのモチーフを囲むように配置され、その周囲にはアラビア風の幾何学模様などが精緻に描かれた、迫力と見応えのある一枚です。また、世界限定99枚のうち70枚が日本で販売される非常に希少性の高いものです。

■カタールらしさとスポーツの躍動を表現した金貨4種

1オンス(31.1g)サイズの<50リヤル トロフィー金貨>は、実物も純金製として知られるワールドカップ優勝トロフィーをメインモチーフに伝統的なアラベスク模様などを緻密に刻印。<10リヤル金貨>3種は、ボレーやオーバーヘッドシュートといったダイナミックなプレーと、砂丘やドーハの街並みといったカタールらしいモチーフを融合したデザインとなっています。

■栄光の優勝トロフィー、歓喜の瞬間…多彩なデザインを楽しめる銀貨セット

銀貨4種セットは、鮮やかなカラーで描かれた栄光の優勝トロフィーや、世界をつなぐメッセージを込めた地球儀、アクロバティックなシュートや歓喜の瞬間など、多彩なデザインを楽しむことができます。

■公式コインにふさわしい純金・純銀。金貨は品位99.99%

金貨5種は、FIFAワールドカップ公式記念コインにふさわしい高品位の純度99.99%(フォーナイン)の純金。銀貨4種も全て純度99.9%(スリーナイン)の純銀となっています。

参考:FIFAワールドカップと記念コイン
1930年から21回の歴史を持つFIFAワールドカップにおいて、最初の“公式記念コイン”が発行されたのは、日本では“ドーハの悲劇”で知られる1994年のアメリカ大会。2002年の日韓大会では、1万円金貨と1千円銀貨各10万枚などが発行されました。近年では大型金貨を中心に早期に完売するコインもあり、オリンピックと並び人気の企画となっています。

FIFAワールドカップカタール2022 公式記念コイン<最終予約販売>

販売概要
単品
A.100リヤル スタジアム金貨 2,970,000円(限定70枚)
B.50リヤル トロフィー金貨 660,000円(限定450枚)
C.10リヤル プレー金貨 165,000円(限定200枚)
D.10リヤル タレント金貨 165,000円(限定200枚)
E.10リヤル ヴィクトリー金貨 165,000円(限定200枚)
セット
F.金貨3種セット<C.10リヤル プレー金貨、D.10リヤル タレント金貨、E.10リヤル ヴィクトリー金貨> 495,000円(限定400セット)
G.銀貨4種セット<①ヴィクトリー銀貨、②グローバル銀貨、③ゴール銀貨、④セレブレイト銀貨> 66,000円(限定1,200セット)

※ いずれも税込み価格です。
※ 各商品すべてに特製ケースと発行証明書を付けてお渡しします。

■予約販売期間 2022年6月20日(月)〜7月8日(金)※期間内でも限定数に達した時点で終了
■発行 カタール中央銀行
■鋳造 国立ベルリン造幣局(ドイツ)
■国内発売元 泰星コイン株式会社
■販売窓口 全国の主要金融機関
都市銀行 りそな銀行、埼玉りそな銀行
地方銀行 足利銀行、伊予銀行、岩手銀行、大垣共立銀行、関西みらい銀行、三十三銀行、四国銀行、清水銀行 、十六銀行、スルガ銀行、千葉銀行、千葉興業銀行、中国銀行、筑波銀行、東北銀行、富山銀行、南都銀行、八十二銀行、百五銀行、広島銀行、福井銀行、北陸銀行、北海道銀行、北國銀行、武蔵野銀行、山梨中央銀行
第二地方銀行 愛知銀行、愛媛銀行、香川銀行、京葉銀行、高知銀行、東和銀行、徳島大正銀行、栃木銀行、富山第一銀行、東日本銀行、みなと銀行
労働金庫 全国の労働金庫各支店(一部地域を除く)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO