FOLLOW US

10得点でW杯予選首位通過…イングランド指揮官「成し遂げたことを誇りに思う」

イングランド代表のサウスゲート監督 [写真]=Getty Images

 イングランド代表のガレス・サウスゲート監督が、FIFAワールドカップカタール2022欧州予選について語った。15日付けでイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 同日にグループI第10節サンマリノ戦を迎えたイングランドは、0-10で勝利しグループ首位通過が決定。2018年のW杯ロシア大会4位に続き今夏のEURO2020では初の決勝進出を果たすなど、着実に結果を残しつつある同代表について、試合後のサウスゲート監督は「全ての選手とスタッフが非常に良い1年を過ごしたことを評価しなければならない。相手のレベルについてはどうすることもできないが、彼らのメンタリティと応用力は素晴らしいものだった」と語った。

 また「我々は試合に勝利できることを分かっていた。そして望んでいたのは、チームがより高いレベルのパフォーマンスを発揮すること。ハリー・マグワイアやハリー・ケインのようなシニアプレーヤーが調子を整えてくれれば、若い選手たちもそれを参考にできる。彼らはプレーするための仕組みを持ち、自分自身を表現できた。厳しい1年だったが、チームのスタッフ全員が全てを捧げて彼らが成し遂げたことを誇りに思う」とも続けた。

 そしてサンマリノ戦で4得点の活躍を見せたケインについては「彼は驚異的なスコアラーだ。ゴールを決めることに貪欲で、試合で勝利したとしてもゴールを決めなければ本当の意味では満足しない。ただ、これだけの功績を残せることは素晴らしいね」と称えている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO