FOLLOW US

「受賞することは子供の頃からの夢」…ベンゼマ、自身初のバロンドールへ意欲

フランス代表のベンゼマ [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードに所属するフランス代表FWカリム・ベンゼマが、スペイン紙『アス』のインタビューに応じた。8日付けで伝えられている。

 現在UEFAネーションズリーグを戦うフランス代表の活動に参加しているベンゼマは、7日に行われた準決勝ベルギー代表戦に先発出場。62分には得点を挙げ、2-3の逆転勝利に貢献した。同試合について「最もエキサイティングな試合のひとつであったことは間違いない。今シーズンを代表するゲームになったと確信しているし、多くの方に楽しんでいただけたことはとても嬉しい」と語ると、10日に予定されているスペイン代表との決勝戦に向けては「素晴らしい試合になるだろう。スペインは若く才能に溢れたチームだ。熾烈な争いが繰り広げられることを願っている」と展望を口にした。

 33歳となった今シーズン、レアル・マドリードではここまでリーグ戦8試合に出場し9ゴール。得点ランキングの首位を走る活躍を見せているが「私の気持ちは1年単位で、物事を一歩一歩進めていきたいと思っている。年齢制限を設けるつもりはなく、私の目標は常にベストを尽くし、時が立つにつれて向上していくことだ。毎シーズン自分の力を全て発揮して、前のシーズンよりも向上させたいと思っているよ」と、自身の気持ちを語った。

 また、ベンゼマは先日発表された『バロンドール』の受賞者候補にもノミネート。同賞について問われると「子供の頃から、バロンドールを受賞することは私の夢だった。いや、ほとんどの選手にとっての夢だね。サッカーがチームプレーであることは事実だが、ゴールを決めたり勝利に貢献したりすれば、どんな選手でも受賞したいと思うのは当然だろう。私もいつの日か、少年時代に抱いた夢を実現したいと思っている」と語り、自身にとっての初受賞へ意欲を示した。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO