FOLLOW US

死亡事故関与のモロッコ代表MFアリ、執行猶予付きの有罪判決下る

シャルケとモロッコ代表で活躍をみせていたアミーヌ・アリ [写真]=Getty Images

 インドメディア『インディアン・エクスプレス』は7月31日、交通死亡事故を起こしたモロッコ代表MFアミーヌ・アリに対し、罰金900ドル(約10万円)と執行猶予4カ月の有罪判決が言い渡されたと報じた。

 ブンデスリーガのシャルケでプレーするアリは、2018 FIFA ワールドカップ ロシア大会後の休暇中の6月下旬、モロッコ・マラケシュで交通事故に関与し、歩行者1人が死亡した。

 マラケシュの当局は過失致死の容疑で事故について調査を行い、その結果今回有罪判決が下された。

 2016年にリーグ・アンのナントでプロデビューを果たした現在21歳の同選手は、昨夏に4年契約でシャルケに加入。今夏は2018 FIFAワールドカップ ロシアに挑むモロッコ代表に選出されていた。

 モロッコ代表はグループステージを2敗1分けで終え、決勝トーナメント進出は逃したが、アリはグループステージ第1節イラン戦でマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選出されていた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA