FOLLOW US

マンUの同僚がW杯で批判浴びたデ・ヘアを擁護「彼が世界最高のGKだ」

エレーラ(左)がデ・ヘア(右)について言及した [写真]=Man Utd via Getty Images

 マンチェスター・Uのスペイン人MFアンデル・エレーラは、同僚であり同胞のスペイン代表GKダビド・デ・ヘアこそが世界最高のGKと考えている。イギリスメディア『スカイスポーツ』が20日付で伝えた。

 デ・ヘアは、2018 FIFAワールドカップ ロシアで4試合に出場したが、ポルトガル代表とのグループステージ第1戦でFWクリスティアーノ・ロナウドのシュートをキャッチミスして失点するなど、不安定なパフォーマンスに終始した。ベスト16で敗退した同代表において、批判を集めた選手の1人である。

デ・ヘア

ポルトガル戦では痛恨のキャッチミスを犯した [写真]=Getty Images

 しかしながら、マンチェスター・Uで共に戦うデ・ヘアに対して、エレーラは絶大な信頼を寄せている。

「批判の内容は分からないけど、彼が世界最高のGKだ。ずば抜けてね。すぐにもう一度そのことを示してくれるさ」

「僕が良いプレーを見せられなくても、僕は世界最高の選手の1人じゃないから、ああいう非難は浴びない。だけど、彼はそういう存在だから、いつものことなんだ。うまくやり過ごすだろうね」

 エレーラはこのように語り、デ・ヘアを擁護した。まもなくスタートする2018-19シーズンで、同選手は批判を黙らせる活躍を見せることができるだろうか。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA