2018.07.21

ハインケス氏がドイツのGS敗退に言及「理由はとても複雑なものだと思う」

ハインケス
ハインケスがドイツ代表のロシアW杯グループステージ敗退に言及した [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 2018 FIFAワールドカップ ロシアで、前回大会王者のドイツ代表はグループステージ(GS)敗退を喫した。誰もが予想しなかった衝撃の結果に、前バイエルン監督のユップ・ハインケス氏も説明がつかないようだ。

 ハインケス氏は、今大会での同代表について「ドイツのW杯での残念なプレーの理由は、とても複雑なものだと思う」と話し、問題が根深いものであるとした。さらに「何がうまくいかなかったのか、3つの言葉でなど言い表せない。内部の事情を知る必要がある。チームはどのように導かれたのか、チームの練習は効率的だったのかといった情報が必要だ」と続け、検証の必要性を主張した。

 一方、ハインケス氏は出場各国の成績についても言及した。最終的には、実力相応の結果になったと同氏は考えている。

「私に言えるのは、イングランドとベルギー、クロアチアとフランスという今回のW杯でベスト4に残ったチームは、それにふさわしい力があったということだ。運が良かったからではないんだ。彼らは良いプレーをして、そしてフランスがW杯を制した。攻撃と守備のバランスが最高だったからだよ」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
13pt
ブレーメン
11pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る