2018.07.18

ロシアW杯はナイキが圧勝!? 契約選手が次々と受賞、スパイクは最多着用

ナイキジャパン
出場32カ国中、10カ国がナイキのユニフォームを着用。スパイクは全選手の65パーセントがナイキを着用した [写真]=ナイキ
サッカー総合情報サイト

 フランスの優勝で幕を閉じたロシア・ワールドカップは、ナイキをアピールする場にもなったようだ。

 決勝の舞台に立ったフランスとクロアチアはどちらもナイキのユニフォームを着用。これはナイキがフットボールに参入して20年余りになるが、初めてのことだという。

 そして今回、最も“履かれた”スパイクがナイキ製のものだった。8年前の南アフリカ大会は着用率が全体の50パーセントを下回っていたが、前回大会で53パーセントにシェアを拡大すると、ロシア大会は65パーセントまで数字を伸ばした。

 何よりも、今大会はナイキアスリートの活躍が際立っていた。MVPに輝いたクロアチア代表のMFルカ・モドリッチ、シルバーボールのベルギー代表MFエデン・アザール、最優秀若手選手のフランス代表FWキリアン・ムバッペ、最優秀GKのベルギー代表ティボー・クルトワ、得点王のイングランド代表FWハリー・ケインはすべてナイキの契約選手。4年に一度の大会で、ナイキがしっかりとインパクトを残したようだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る